失敗を怖がるインナーチャイルド

こんばんは。

アクアとおんの石川美樹です。

 

東京は雨模様。

今年の桜は少々遅めのようですね。

寒くてまだまだ暖房器具が手放せない私です。

 

 

さて、本日のメルマガは、

 

【失敗を怖がるインナーチャイルド】

 

というタイトルでお届けしようと思います。

 

 

 

失敗を怖がる人は、

目の前の【状況】を見た時に、

解決できている未来を想像せず、

失敗している未来を想像してしまい、

 

 

・失敗した時のドキドキを感じ、

 

・失敗した時に聞こえる

 突き刺さるような怖い声を聞き、

 

・失敗した後に落ち込んでいる

 自分の姿を見てしまい、

 

 

五感をフル回転さて

あたかもそれを「今」体験してしまうのです。

 

 

 

例えば、新しい環境で、

 

【状況】→ 人の輪に入っていくこと

 

を考えると、

 

【未来の想像】

→ 何を話そうかとドキドキしている自分を感じ、

→ 「声が小さくて何を話しているか分からないわ〜」と

  同僚に嫌味を言われている声を聞き、

→ 家に帰って「今日もダメだった、、、」と

  落ち込んでいる姿を想像し、

 

ここから「逃げたい」と

インナーチャイルドがフル活動し、

心のブレーキを強く踏んでしまいます。

 

 

しかし実は、

この失敗した未来を想像することは、

本来は、自分を守るためにあったはずの行動なのです。

 

五感をフル回転させることで、

目の前にある状況から

起こり得ることを想像させ早めに危険を察知し、

【逃げる】ことをさせるための

非常ベルようなものです。

 

 

しかし、何度もこの非常ベルを鳴らしてしまうと、

 

「もっとベルを大きく」

「もっとベルが大きくないと逃げられない」

「もっとベルの回数が多くないと逃げられない」

 

とばかりに、音を大きくし、

ベルがもっと早く鳴るように配線を変えてしまい、

 

怖さを自分で増幅させてしまっている状況に

陥ってしまうのです。

 

 

 

この負のサイクルを止め、

失敗を怖がるインナーチャイルドを

どう変化させていけばいいのでしょう?

 

 

1 まず、自分のサイクルを知ること

 

  どんな状況でどんな非常ベルが

  鳴っているのかを知ることです。

 

 

2 次に、その状況は、

  今のあなたに「逃げる」ことが必要なのかを検討する

 

  昔のあなたには逃げることが必要だったけど、

  今のあなたにとっては、

  もう必要ないかもしれませんね。

 

 

3 未来の想像から非常ベルが鳴ってしまう反応を断ち切る

 

     頭では「必要ないんだ」と分かっていても

  体は反応してしまうことってありますよね。

 

  石川式インナーチャイルド改善では、

  恐怖症を改善するような神経学的なアプローチを使います。

  それをインナーチャイルドで使えるように駆使し、

  反応面での改善を促していきます。

 

 

 

アクアとおんでは、

自分でできる講座(2日間)でも、個人セッションでも、

行動面が改善しないと、

インナーチャイルドが変化したとは言いません。

 

心はスッキリしたけど、

怖いものを避けるあなたのままでは

インナーチャイルドの改善とは言いません。

 

 

先日いらっしゃったAさん(30代 女性 会社員)の

ケースをご紹介しましょう。

 

================

 

苦手な取引先男性がいたんです。

威圧的で言葉もきつく、

私が女性営業マンだからといって

細かいところを突いて

いつもクレームを言ってくるのです。

 

ある日その男性から

大きなクレームの電話がきたのです。

 

その電話に出る前は、

わーとっなって床にしゃがみこんでしまったほど

怖かったのですが、

しかし、そのうちなんだか悔しくなって、

勇気を持ってその電話に出たのです。

すると毅然とした言葉で対応している自分がいたのです。

 

怖いのは怖いんですよ。

 

でも、客観的に見れている自分もいて、

怖い気持ちを持ちながらでも

きちんと別の自分が対応できている状態。

 

びっくりしました。

 

先生がいつもおっしゃっているように、

非常ベルが最初は大きかったけど、

耳をふさぎながら、

自分で小さくなるようにダイヤルを回せている。

そんな感じでした。

 

そっか、怖くていいんだ。

でもそれに対処できる私も一方ではいる。

 

怖がっている自分も認めることができ、

さらにそんな自分に

自信が持てるようになるかもしれません!!!

 

==================

 

 

これを心理学ではメタ認知というのですが、

自分の思考などを客観的に把握し認識することを指します。

 

このメタ認知能力が高まることが、

インナーチャイルドの改善にも大きく繋がっていくです。

 

最近流行りの、

マインドフルネスってご存知ですか?

自分の身体や気持ちや気分の状態に

気づく力を養うことですが、

 

インナーチャイルドの改善で

マインドフルネスも生まれてくるのです。

 

 

失敗を怖がるインナーチャイルド、、、。

 

もし持っていたら、あなたも、

ぜひ一度、石川式でのインナーチャイルドを改善を

体験してみませんか?

 

メタ認知能力だけでなく、

行動面で改善されていくことでしょう。

 

2017年4月1日のメールマガジンより

 

 

 

◎ メールマガジン登録はこちら ◎


インナーチャイルドの ❤上手な幸せのつかみ方❤

読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

 

。:*:★。:*:★━━━━━━━━━━━━━

 

  
  

「インナーチャイルド
 こころの仕組みワークショップ」(2時間)
  【詳細はこちら】 

たった2時間で、

インナーチャイルドが

どのように出来上がったかを学べる

体験型ワークショップ。

 
インナーチャイルドを
ヒーリングやスピリチュアルでなく、

心理学の観点から学んでいきます。

    


 

癒すだけじゃない〜行動が変化する「未来創造メソッド」
 【詳細はこちら】  1年に2回のみ開催 

 

たった紙1枚で、

自分で自分のインナーチャイルドの

ブレーキを発見し、

個人セッションでしかなかなか扱えない

難しいブレーキ解除法まで学ぶ

2日間の講座です。

 

こちらも体感型で楽しい内容となっています。

 


 

インナーチャイルドメルマガ バックナンバーに戻る

 

 

 

 

PVランキング