Special セラピストのための実践講座

 

 現在こころと身体のセラピストをされている方、資格を取得したが上手く使えていない方、学んだことの活用法でお悩みの方のために。

 

 「セラピストのための実践講座」では、セラピスト歴18年の石川美樹が日々の臨床経験と様々な学びの中から生まれた技法や知識と知恵を、あますところなくお届けします。
* 注意/この実践講座は、石川が心理セラピストとしての資格を与えるものではありません。

 

 

「セラピストのための実践講座」には、

・ 石川メソッドを伝授する【実技編】と、
・ インナーチャイルドのこころの仕組みを解き明かす【理論編】

 

があります。

 

この両方を学ぶことによって、以下のようなお悩み・課題を解決していきます。

 

 

 

現在このようてお悩みを抱えていませんか? 

  • 最近、インナーチャイルドを抱えている人って多いな? でも、どうやって効果的にアプローチしたらいいのだろう?
  • NLPなどテクニックは学んだけど、それをどう実際のセッションで組み合わせて進めていくのだろう?
  • ボディーワークのセラピストですが、こころからのアプローチを取り入れたいけど、どのようなテクニックがいいのかしら?
  • 傾聴だけのテクニックだと、ちょっと心許ない感じがしてしまう。
  • クライアントになかなか大きな変化が現れない。新しい手法を学ぶ必要があるのかしら?
  • コーチングで仕事をしていますが、過去のトラウマから行動にブレーキがかかって行動できていない人が多いな。
  • 受容、傾聴だけのテクニックだけだと、改善に長期間かかってしまう、、、。効果的に介入できる方法がないかな?
  • ヒーリングの仕事をしているのですが、クライアントさんが自ら気づくカウンセリングもまぜてみたいな。

 

◆【実技編】で身につく「石川メソッド」とは 

 心理手法の中でも比較的新しい「認知の歪み」にアプローチし、さらに「身体に記憶された感情を解放」するテクニックの技法を使用することが特徴です。その両方向からアプローチすることにより、認知の歪み、特に歪んでしまった自己認知を修正していきます。過去に注目するのではなく、あくまでも「今」の認知の歪みに注目することで、そこから過去が炙り出されてきます。

 

 これまでにも、多くの受講生から、「実践ですぐ使え、クライアントの変化が早い」と好評をいただいています。セラピストの方は、この手法を学び取り入れることで、個人カウンセリングやセッションがスムーズに流れていくことでしょう。

 

 

この技法に特化した【実技編】セラピストのための実践講座をスタートしました。

【実技編】セラピストのための実践講座、詳細はこちら

 

 

◆インナーチャイルドを心理学的観点から学べる【理論編】も後日開講の予定です。