インナーチャイルドとは

 

インナーチャイルドという言葉。
それは心理学用語ではありません。

インナーチャイルドは
「内なる子ども」と訳され、

子どもの頃に傷ついた記憶が、
大人の私たちの行動に影響を与えている


というところから、
使われるようになりました。


行動に影響を与える様が、
まるで小さい子どもが、不器用に、
大人を困らせるような行動をしているように見えるところから
名付けられたと言われています。
 

 

 

石川美樹が考えるインナーチャイルドとは

 

アクアとおん 石川美樹は、
インナーチャイルド
ヒーリングやスピリチュアルの
観点からではなく、
心理学や脳科学の観点から開発した
独自メソッドでアプローチし改善していきます。

 

インナーチャイルドを「癒やす」ことを目的とした
さまざまなアプローチがありますが、
ただ癒されたと感じるにとどまらず
行動が変わってこそ本物の癒しだと
私は考えているからです。

 

セラピストとして長年クライアントと接する中、
幼少期のこころの傷を改善するための鍵を握るのは、
 

経験したこころの「記憶」ではなく、
その傷から作られた、
「今のあなた」の
こころや行動に
ブレーキをかける認知のゆがみ

 

だと気づきました。


幼少期に傷ついたこころの記憶だけではなく、
こころにブレーキをかける認知のゆがみも含めて
「インナーチャイルド」と解釈しています。

自由奔放だった小さい子どものあなたは、
ある時こころに傷を抱え、そのまま大人になり、

人生を歩むことに「不器用さん」だったり、
なんとなく生きづらさを感じたりしていませんか?


そんなインナーチャイルドを解放してあげると、
こころはホールネス状態に戻ります。

そして、強さも弱さも、喜びも悲しみも、
ポジティプもネガティブも全てを包含するこができ、 
どんな出来事があっても立ち直れる、
しなやかなこころを取り戻すことができるのです。

*心のホールネスとは?

 

 

 

癒されるだけでは解決しない


多くのインナーチャイルドワークは、
傷ついたこころを「癒す」ことのみが目的となっており、
傷ついたこころの記憶を特定して癒し、
それが癒されれば、
《行動は勝手に変化するだろう》
と解釈されています。

よって「その記憶の特定」や「ぬぐい切れていない感情の開放」、
「ヒーリングなどで癒すこと」が
中心のセラピーとなっています。



石川美樹のメソッドでは、

子どもの頃に傷ついたこころの記憶から
影響を受けた行動が、

どのような過程を経て
こころにブレーキをかけてしまうようになったのか?

 
という、
認知のゆがみ
に焦点をあてています。

セラピーを受けて癒すことも、
自分で自分を癒すことも、
行動が改善するところまでを
含めて「癒し」だと石川は考えるのです。

 

 

 

インナーチャイルドと無意識のお話し


え???
子どもの頃に傷ついた記憶が、

え???
大人の私たちの
行動にブレーキをかけるの?

え・・・・・・
そんな・・・・・・・・

自分なんだから
勝手にブレーキを踏んでもらっては困るんですけど、、、、。
無責任じゃないですか(怒)


そんな声が聞こえてきそうですね。


実は上記の言葉。
私がこころの勉強をする前に、
実際に自分で吐いた言葉です(笑)

ブレーキを踏むとは
一体どのような事なのか?

少し詳しくお話ししましょう。

 

 こころには2つの領域があり、

 

意識と無意識

  
と言われています。


意識は【意識して行動できる領域】で、
例えば、コップを取りたいと思ったら
コップに手を伸ばして実際取る事ができます。

無意識は【意識せず行動してしまう領域】で、
例えば、心臓の鼓動、
体温調整はこの領域です。
(行動という言葉とは少し違いますが)

熱いものに触って手を引っ込めるなども
ここの領域です。

それに加えて、
本当は犬に触りたいのに
怖くてカラダが震えてしまい、
どうしても触れないなど、
本当は〜〜したいのにできない状態も
無意識の領域です。

インナーチャイルドのこころのブレーキは、
この無意識の領域です。


ですから、
自分では意識していないのに
勝手にブレーキがかかってしまうような
状態になってしまうのです。


では、なぜ?
こころのブレーキを
踏んでしまうのでしょうか?

 

 

 

 

こころのブレーキにはプラスの側面もある


こころのブレーキは
必ずプラスの側面を持っています。

必死にプラスの側面を保ちながら、
ブレーキを踏み続けているのです。


例えば、大人のあなたが「人の輪が怖い」としましょう。


その内側には、
小さい頃の経験と記憶から作られた、
無意識の声が、

「入ると嫌われちゃうよ。
嫌われないように入らないほうがいいよ」

と、あなたが嫌われないようにブレーキをかけ、
助けてくれているのです。


夫の言動にいつも縮こまって何も言えなくなる人も、
無意識から作られたこころの声が、

「小さい頃から意見を言うと怒られてたでしょ。
何も言わない方がいいよ怒られないよ」



と、【嫌われない】【怒られない】という
痛みから逃れられる
プラスの意味を持ってブレーキを踏むのです。


そのほとんどは

自分の安心安全を守る

ためのものです。


しかし、
痛みを避け、いったん安心安全を得た後、
自分が行きたい方に方向転換できていればいいのですが、
なぜか、それがなかなか難しく、
無意識に刻み込まれ
認知のゆがみがどんどん大きくなり、
こころのブレーキをさらに強くさせていくのです。

 

 

なぜインナーチャイルドが無意識に刷り込まれるの?


なぜ、自分の行きたい方へ方向転換できないのでしょうか?

自分でありながら
自分のこころのブレーキを
踏んでしまうインナーチャイルドが
なぜ生まれてしまうのでしょうか?

 

その多くは
幼少期の権力者との関係にあると言われています。



小さい子どもにとって
身近な権力者は親です。
本来、両親は絶大なる安心感を
子どもに与える存在であるのが理想です。

しかし、
その安心感を
子どもが得られない状況は、
両親に癒されるどころか、
生存の危機に繋がってしまうのです。

厳しいしつけ、
恐怖体験、
完璧を求められる、
認められない、
キツイ言葉、
孤独感・・・・・・・・・・

しかし、その危機を乗りこえ、
安心安全を守るために、
小さい小さい子どもたちは、
未熟なハートでいろいろな画策を考えます。

その画策は、痛みを避ける行動パターンとなることが多く、
そのパターンを
何度も何度も経験すると、
脳は繰り返しの連鎖で
神経回路を強化していきますので、
熱いものを触って
手を引っ込めるのと同じように、
どんどん深く、こころの奥に、
傷ついたこころの記憶と痛みを避けるための行動パターンが
刷り込まれてしまうのです。


インナーチャイルドの痛みとは、
嫌われる痛み、否定される痛み、拒否される痛み、
怒られる痛み、孤独という痛みなどですが、

ゆえに、

「嫌われないために〜する」
「否定されないために〜する」
「拒否されないために〜する」
「怒られないために〜する」
「孤独にならないために〜する」

 

という行動パターンになってしまいます。



このように痛みを避けるため何度も同じ行動をすると、
それが無意識に刻まれ、
「反応」で感情が沸き起こったり、
「反応」で行動をしてしまい、

頭では分かっているの、
なぜできないんだろう?というパターンに
陥っていくのです。


それだけでなく、

その痛みを避ける行動パターンを何度も繰り返しているうちに、
「自分のセルフイメージ」「価値観」「信念」
までも歪められてしまい、

 

私はバカだからどうせ失敗する。
私は最低な人間だから嫌われる。
私は不注意だから人を無意識に傷つける。


のように、
自分で自分を認識することにさえも痛みが生まれ、
行動をするあなた自身から
未来を創造する力を奪ってしまうのです。

 

 

 

大切なのはこころのホールネス


こころの問題を解決したり
癒したりする方法はさまざまあり、
その中でも、
インナーチャイルドを切り口とした方法も
数多く存在します。

それなのに、
「いろいろなワークを受けたのに改善しなかった」
と、私に打ち明けるクライアントは後を経ちません。
なぜでしょう?

多くのワークやセミナーでは、
過去に原因を探し、癒して終わりです。 

もちろん癒しは非常に大切です。

しかし、もう一歩前に進むためには、
そもそも、私ってどんな私だったっけ?
もっと生き生きとしていたよね?!

その私を思い出すことが必要です。


その重要なポイントが、

【こころのホールネス】です。

 

 

こころのホールネスとは、
強さも弱さも、喜びも悲しみも、
ポジティプもネガティブも全てを包含する丸ごとのこころ。 
どんな出来事があっても立ち直れる、しなやかなこころ。

思い込みやとらわれから自由になり、
誰もが本来持っている
ホールネスを取り戻すことの中に、
幼少期のこころの傷から作られた、
今のあなたの行動にブレーキを踏むインナーチャイルドを
改善していく視点が必要なのです。

これをなくして、
こころの窓が開くことはありえないのです。

 

 

石川式オリジナルメソッド、改善への5つのステップ

 

石川式メソッドでは、
改善に向けて下記のステップを大切にしていきます。

 

こころのホールネスを思い出し、ふさわしい自分自身の「未来」を創造する

  ↓

子どもの頃に
傷ついた記憶から
痛みを避ける行動パターンに気付く

  ↓ 

こころのブレーキを解除する

  ↓

本来の自由なホールネス状態に戻り、
新しい選択ができる自信を取り戻す

  ↓

ふさわしい行動に変化!!

 



この5つのステップがないと
結局、元の自分に戻ってしまい
本当の意味での癒しには繋がりません。

本来のホールネス状態に戻れれば、
実は行動できない私のことさえも、
「このままでいいんだ!」

と、肯定できるきるのです。


石川式メソッドでは、
こころから本当の意味で癒され、
腑に落ちて変化したと気づき、行動面まで解決していくのです。  

 

 

まず、ここから始めてみよう!

 

まず自分の傾向を知りたい方に

【インナーチャイルド診断(無料・3分)】

 

人気の「インナーチャイルド診断」

5つの選択肢から、
あなたの思考パターンに近いものを
一つ選んでクリックすると、
診断結果と解説のメールが3分以内にお手元に届きます。

→ 今すぐ始める

 

 

 

 

生きづらさの理由を知りたい方に

2時間でわかる【こころの仕組みワークショップ】

気づきの連続!
「こころの仕組みワークショップ」では、
あなたのこころのクセ、陥りやすい感情、
行動パターンなど、
なぜそうなるのかを理解すれば
解決につながります。
このワークショップは、
「こころのホールネス」を取り戻し
あなたが望む未来へ向かうための、はじめの一歩です。
詳しくはこちら

 

 

   

      

インナーチャイルドを深くじっくり個人セッションで癒されたい方へ


石川式では、
自分で自分のこころのブレーキを改善していく
「未来創造メソッド」

セラピストのサポートを受ける
「個人セッションプログラム」

と2種類の方法があります。


自分で自分の
インナーチャイルドを改善するのは、

「難しいのではないかしら?」
「私にできるかしら?」
「自分でやるのは辛くなるのでは?』

このような不安をお持ちの方や、
インナーチャイルドを
深くじっくり改善していきたい方は、


個人セッションプログラム

が最適です。


インナーチャイルドが
「癒される」だけでなく、
癒されたインナーチャイルドが、
自分にふさわしい行動ができるところまで
サポートしていきます。

今のあなたは、
頭で考えていることと
実際の行動が
ちぐはぐではありませんか?

「本当はこう思っているのに、、、
なぜできないんだろう?」


そう思うことって
多くありませんか?

そのような思いが解決できます。


内側のインナーチャイルドが癒され
ふさわしい
行動を選択することにより、

今現在の私の内側から
聞こえる声や
突き上げてく想いが、
自分を応援する
ワクワクするものになり、

輝きのある
人生が動き始めるようになるのです。