子供の頃の幸せを思い出そう

こんばんは。

アクアとおんの石川美樹です。

 

 

三寒四温。

まだまだ寒い日が続きますが、

花粉も飛びはじめ(汗) どんどん春が近づいてきましたね。

伊豆河津では、河津桜が満開のようです。

ピンク色に心癒される春ですね。

 

 

さて、本日は、

 

 

「子供の頃の幸せを思い出そう」というテーマで配信したいと思います。

 

 

 

私が昔(1995年頃)、何度も読んでいた本の中に、

ベトナムの禅僧、ティク・ナット・ハーン師の書いた

「微笑みを生きる」という本があります。

 

 

彼は、ダライラマと同じくらい世界で受け入れられている仏教僧です。

1人1人が静かに自分の心をみることができれば、

1人1人から平和な世界がひろがると伝えています。

 

その静かな瞑想法はとても簡単で、

ただ、身近な生活にある《自分の微笑を生きる》ことだといいます。

 

 

本の一節に、

「子供のころのクッキー」という話があります。

 

 

==================

 

子供のころ食べたクッキーの想い出。

 

庭に出て、ゆ~~~くり時間をかけながら、

 

一口食べては空を見て、

一口食べては足で犬を触り、、、、、

 

空や大地、竹藪や花々に囲まれて過ごすひと時を

ただわけもなく楽しんだ。

 

==================

 

 

とあります。

 

 

その一節を読んで、

そういえば私も小さい頃、ベランダに敷物を敷いて、

ず~~と流れる雲を見ることが

楽しくて楽しくてしかたなかったことを思い出しました。

 

 

あの雲はソフトクリーム。

あの雲はカブトムシ。

あの雲はお魚・・・・・・・。

 

 

時には、ただただ、

空をず~~~~~~と見つめて微笑んでいました。

 

 

小さい頃は、その時間と空間全てが幸せだったのです。

 

 

 

スピードが求められる今の時代。

 

スピードよくこなせるから

余裕のある時間が生まれるハズだったのに、

その余裕ある時間はどこへ行ったの?

 

《自分の微笑を生きる》ことは

どこへ行ってしまったのでしょう?

 

 

 

あなたのインナーチャイルドを癒していくためにも、

この《微笑み》を取り戻したいですね。

 

本当に気付いたときだけでいいので、

ティク・ナット・ハーンの子供のころのクッキーのように、

私が子供のころに見ていた雲のように、

そんな、ただただ楽しみ微笑んでいた時間を

あなたも思い出してみませんか?

 

 

あなたは、

小さい頃、何が好きで、どんなことが至福の時で、

何を見て微笑んでいたでしょうか?

 

 

 

我が家は厚木基地の近くなので、

今のジェット機が空を通り過ぎました。

 

いつもなら、ただうるさいだけの飛行機でしたが、

青い空と白い雲、後ろにそびえる雄大な丹沢の間を飛ぶ飛行機を眺めていたら、

子供のころのあの感覚が戻ってきて、

内側から喜びがあふれてきました。

 

 

そんな《自分の微笑を生きる》時間をもっと増やしていきたいですね。

すると、あなたの内側にいる膝を抱えたインナーチャイルドが、

 

「見つけてくれてありがとう!」

 

と、心から喜んでくれくことでしょう。

 

 

 

 

。:*:★。:*:★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★:*:。★:*:。

 

 

★ たった2時間で、
  インナーチャイルドがどのように出来上がったかを学べる
  体験型ワークショップ。
  インナーチャイルドをヒーリングやスピリチュアルでなく、
  心理学の観点から学んでいきます。
    
  「インナーチャイルドこころの仕組みワークショップ」(2時間)

  【詳細はこちら】

 

★ たった紙1枚で、
  自分で自分のインナーチャイルドのブレーキを発見し、
  個人セッションでしたなかなか扱えない
  難しいブレーキ解除法まで学ぶ2日間。こちらも体感型で楽しい講座です。
  
  癒すだけじゃない〜行動が変化する「未来創造メソッド」

   【詳細はこちら】  1年に2回のみ開催 




インナーチャイルドの ❤上手な幸せのつかみ方❤
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス



 

インナーチャイルドメルマガ バックナンバーに戻る

 

 

 

PVランキング